「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いろんな現実

猫さんが好きになると、街をあるいていてもよくノラさんに出会います。
警戒心のつよい子もいれば、スリスリと擦り寄ってくる子もいます。

もともと、ノラの子で生まれた子、
それから心無い人間に捨てられた子・・・。
いろんな子がいると思います。

私がよく見ているブログ
野良にゃん写真集でも、悲しい現実があります。

私がおもうことは・・・
お外の猫さんたちが、すべて不幸だとは思わない。
だけど
家猫とは違って、過酷な状況に生きている以上、
病気や事故や虐待のリスクは大きい。
だから、、
少しでもお外の猫たちが幸せに暮らせるためには、どうしたらいいのか。
やはり、避妊手術を行っていくことは大事だと思う。
子猫は見ていて可愛い。本当に可愛いけど
この子たちも巣立ちのときがくれば、母猫(餌場)のテリトリーから移動せざるを得ない。
運良く新たな場所が見つかった子はまだいいけれど
半数以上は病気や事故で早々に命を落とすこともある。
運良く、小さい時に拾われて、家猫になれる子もいるけれど
やっぱりノラでしか生きていけない子もいる。
その子たちがまた親になり、また同じ運命の子が生まれる。

人間のエゴで避妊手術をするのに反対の意見もあるかもしれませんが
野良さんが気になって毎日「えさをあげる」のであれば
必ず「避妊手術」もしなければならないと思う。それが私の思う「責任」です。

現実にはお金もかかることです。
手術のために捕まえるのだって、警戒心のつよい子だったら
忍耐と絶望の繰り返しのことだってあります。
だけど、わたしと同じような気持ちを持ったひともたくさんいます。
そんな仲間が増えることだってあるのです。

できることには、「限界」があるけれど
私はこれからも「わたしにできること」をしていきたいな。
ガンバレ!お外の猫さん!
[PR]
by j-lovin2 | 2005-05-23 22:53 | ガンバレお外のニャン

ありがとう。

翌日、朝いちばんで病院へ行ってきました。

箱に入って、まっしろなタオルでくるまれたキョンちゃん。
それはそれはやすらかで、きれいなお顔をしていました。
ちいさな天使みたいだったよ・・・。

朝ベランダで切った白いバラを手向けました。
はじめてあの子をあんなに撫でてやることができました。
もう、、ぬくもりが感じられなかったのが悲しかった・・さみしかった・・
涙があふれてとまらなかった。。
c0053294_0341639.jpg

                 キョンちゃんに手向けた白いバラです。

キョンちゃんの最期の日のこと。
[PR]
by j-lovin2 | 2005-05-22 01:10 | 保護猫キョンちゃん

ごめんなさい。

キョンちゃんをご心配してくださった方々へ。

今日、キョンちゃん(京子さん)は天国へ旅立ちました。
虹の橋へ行ってしまいました。

私も今、気が動転してて、
色々考えてしまって・・・。

向き合うのが辛くって・・・今、深夜になるまで
ブログめぐりをして気を紛らわしたり、
いろいろしてましたが
やっぱりここへも書いておかなくっちゃ、って・・・。

なんで天国へ行ってしまったかというと
またちょっとフクザツです。
更新してなかった理由・・そこらへんも関係してます。

気持ちが落ち着いたら、また詳しいこと書きますね。

キョンちゃん、ごめんね・・・。
私は何もしてあげられなかった。
本当に、ごめんね・・・・・・・

いろいろ励ましてくださったみなさま、ありがとうございました。。。
こころよりお礼申し上げます。。

明日の朝、共同埋葬してくださる業者さんが引き取りに来る前に
最後のお別れしてきます・・・・。
[PR]
by j-lovin2 | 2005-05-19 02:20 | 保護猫キョンちゃん