「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

捕獲大作戦 当日のこと。

家ネコのロビンのことで、バタバタしてしまいましたが ちょっと落ち着きましたので
お母さんネコ、捕獲大作戦の当日のこと、書いておくことにします。

当日、朝10時、病院にお勤めで、区の「動物との共生推進員」の認定を受けている
Hさんが、捕獲器を持ってきてくださいました。
これです。なんと3つも(^^;)
c0053294_0262318.jpg

捕獲器には、注意書きのようなものも書いてあります。

【動物愛護法】により、動物をみだりに捕獲、殺し傷つけた者は、1年以下の懲役または百万円以下の罰金に処する。
又虐待及び遺棄を行った者は30万円以下罰金に処する。と定めています。

もちろん、猫の去勢・避妊手術のために使うことは認められています。

裏路地は狭いので、3つ並べて置くことはできません。
今回の目的は、「お母さん猫」をつかまえることなのですが
もし、子猫が入ってしまったら、とりあえず病院で診て、オスメスを確かめ、体重を量り
もし手術できそうであれば、してしまおうとおうことでした。でもまぁ見た目でもちょっと
無理だと思っていましたけどね・・・まだ子猫ちゃんですから。

とりあえず1つ置きました。
そしたら、最初に子猫が入ってしまいました・・・(-o-;
c0053294_039636.jpg


暴れることもなく、キョトンとしてます。でもそのうち怖くなってきたのか
ミィミィと寂しそうな声でお母さんを呼んでいます(涙)

次こそ!お母さんを!!
2つめを置きました。

c0053294_0425397.jpg


あわわ・・・( ̄0 ̄;)
またしても子猫が入ってしまいました。この子は一番気が強くて堂々としてる子です。

最後の1つ・・・これで頼むからお母さん入っとくれ~~~!!
願いをこめましたら・・・・
やりました!お母さん猫、見事に入ってくださいました!
暴れるでも、泣き叫ぶでもなく、威嚇もほっとんどなく、いいこでした(´▽`) ホッ
でもやはり、そうとう怖い思いをしてるのは間違いありません。
暗くしてやると安心するので、新聞紙をかぶせて、そっとしてやりました。
なのでお母さん猫の写真はありません。。

すぐにHさんに電話。午後に車で引き取りに来てくださって、親子3匹は
病院へ行きました。
子猫はその場で(ウチで)キャリーバックに2匹を移したので、捕獲器が2つ空きましたので
また裏路地に置きました。

でも、その後、ロビンの急変で、私は病院へ行っていたので、
それどこじゃなくなり、その日は、お母さん猫の捕獲が成功しただけでヨシとし、
休むことにしました。
残った子猫3匹は、寄り添うように、ハウスの上で寝ていました。
ここなら安心です。2日間、お母さんが居なくて、可愛そうでしたけど・・・。

お母さん猫は、翌日の手術となりました。避妊手術は無事成功!
捕まった子猫は2匹とも男の子。体重は1キロ。まだ小さいです。
お母さんが手術して、1日病院で休んでる間、2匹も病院内で保護しました。
2匹で重なって仰向けになって寝てるほど、くつろいでいたそうです(笑)

Hさんいわく、お母さん猫、生粋の野良ではないかも。とのこと
どこかで人間の手からゴハンをもらっていた経験があるような感じ。温和さがある。
なので、子猫たちも、懐くかもしれないよ、と・・・。

c0053294_0584782.jpg


今回見守っていてくださった皆様、
ありがとうございました。

子猫たちはあと1ヶ月半~2ヶ月したら
また手術を考えます。

子離れ、親離れがある猫の世界。
どの子がここの裏路地に残るかわかりませんが

お母さんが戻って、5匹の子供たちも安心したことでしょう(^^)
残った3匹もちゃーんと元気にしてました。

子猫の栄養状態は非常によい、とのこと。
外の猫が病気になったら、それはそれは辛いです。してやれることには限りがありますから。。。
健康で、この裏路地で生まれた猫生をまっとうしておくれ!

がんばれ!!猫たち!!!
[PR]
by j-lovin2 | 2006-06-29 01:12 | 近所のニャン

母猫捕獲作戦 6月21日決行!

はうーーーっ。
いよいよ明日です。(あ、もう今日ですね)

朝の10時に捕獲器を持ってHさんが来て下さいます。
そして、お昼のゴハンの頃をみはからって、捕獲器を仕掛けます。

暴れるだろうなーーー
泣き叫ぶだろうなーーー

威嚇の嵐・・・・(ノ゚ο゚)ノ

お母さんが入ったら、子猫たち、ビックリしちゃうだろうなーーー
「ママをどこへつれてくのさーー」なんてね・・・(涙)

子猫が入ってしまって、お母さんが入らないって可能性もあるだろうし・・・
そしたらお母さん猫、怒るだろーーなーーー(怖)

色々想像しては、ドギマギ。。
やばい、猫に伝わってしまう。平常心、平常心、、っと。。

捕まっても、ちょっとガマンしてくださいね。
すぐに元に戻してあげますからね。

そして、できる限りのことはするつもり。。
この暗い裏路地でよければ住みつづけるだろうし。
どっかへ行ってしまうかもしれないし。


つぶやきでした・・・。
[PR]
by j-lovin2 | 2006-06-21 00:14 | 近所のニャン

子猫の成長

子猫たち、毎日カリカリムシャムシャ食べて、スクスクと成長しています(^^)
いやぁ~子猫の成長は早い早い!!
5兄弟、皆元気でじゃれあって追いかけっこをしたり、
遊び疲れると、重なりあって寝ていたりして、
見ていると本当に「あぁ、猫って可愛いなぁ~」と思います( ̄∇ ̄*)ゞ
そんな光景の写真があまり撮れないのが残念ですが・・・。

c0053294_22262411.jpg

いちばん、肝が据わっているのは、このハチワレちゃん。
私が路地裏へ行くと、皆。ササーーッと逃げるのですが、この子だけは
最後までのんびりしています。
でもお母さん猫も、さほど威嚇攻撃はなくなりました。
お母さん猫の横で、ちょっとビビリながらこっちを見ているキジトラちゃん(1号)
2号もいるのですが、その子はもっとビビリ~屋さんです(まだあまり違いがわからないのですが・・)
c0053294_22303440.jpg

ズームで撮ってますが、けっこう近くまで行っても逃げなくなっています。
この子は男の子だと確認できました( ̄m ̄* )

c0053294_22255564.jpg


キジトラちゃんは甘えん坊で
まだミルクを飲んでいます。

さて、来週にはお母さん捕獲大作戦決行予定・・・。

避妊去勢手術は絶対必要なのだけど、外の子は、そうとうパニックを起こすのよね・・・。
信頼を裏切るようで
ちょっと辛いんだな、これが・・・。

そんな気持ちを押し切って・・・
がんばります!!
[PR]
by j-lovin2 | 2006-06-14 22:40 | 近所のニャン

ハウス気にいってくれました。

親子で猫ハウスを気に入ってくれたようです(嬉!)
この写真は、数日前のですが、今日の午前中の雨のザーザー降るなか
親子そろって、ハウスで雨宿りをしていました。
c0053294_18393021.jpg


作った甲斐があったなぁ~~~(´▽`) ホッ

c0053294_18415841.jpg


子猫たち、日に日に大きくなっている気がします(・・・汗)
裏の会社のオジサンが、2階の窓から毎日のように観察しているみたいです(ヒマなのか?)

もう、通りのほうまで出ていることもあるとか・・・。

オジサンは、私が裏路地でゴソゴソとゴハンなどの片付けなどをしていると、
必ず顔を出して声をかけてきます。

私 「会社のヒトで、誰か子猫もらってくれるひといないかなぁ?ここで一生ってのもねぇ」

オジサン 「もぅ無理だよ!人間見たら、サーーッと逃げるもの。」

私 「でも時間をかければ、ゼッタイ懐くよ。まだ子猫だし」

オジサン 「・・・・・・・・。」


いづれもう少し成長したら子猫たちは、たいてい、親のテリトリーから出て行くものなのですが元来、この母猫は、ウチの裏路地はテリトリーではありませんでした。

あらゆる場所の野良猫をお世話して見てきているHさんに言わせると
「子育てが終わったら、親猫がこの場所から離れてゆくかもしれない(元居た場所へ戻る)
子猫でオス猫は、どこかへ散る可能性もあるけれど、メスの子は、この場に留まるだろう」
とのこと・・・。

どうなるかなぁ・・・・。(考えるとキリがない心配性なワタシなのです・・・汗)

今はこの狭い暗い路地裏で、5匹でじゃれあい、遊んでいる子猫たち。
これから、いろんな運命が待っているんだよね。

せっかく生まれてきた命。
都会の過酷な状況でも、強くたくましく、生きていって欲しいです・・・。
[PR]
by j-lovin2 | 2006-06-09 18:59 | 近所のニャン

人と動物とが共生できる環境

新入りの猫さんが、いきなり子猫を連れてきてから6日経ちました。
警戒はしているものの、「ここでゴハンがもらえるんだにゃ」ということを
母猫は子猫に教え、ほぼうちの裏路地の周りで過ごしています。
ただ、ほとんど日も当たらず、表通りへ出れば車の往来が激しく危険・・・という
環境が悪すぎるのが、悲しいのですが・・・。

ウチのロビン・リュウタロ、下に住むキキも野良猫(またはその子供)でした。
ホワホワさんに限っては、過去は不明ですが(^^;)
縁あって、家の子になったわけですが、縁がなくって外で暮らし続けている子も
いっぱいいます。外の子は、警戒心が強いですが(特にウチの周りの外猫さんたち)
時間をかけると、ちゃーんとこちらの気持ちが通じます。
同じ猫でも、おうちでのんびり暮らしている子もいれば、お外を自由に駆け回っている子も
います。どちらの場合でも、いい面、悪い面があると思います。
その子らは、それぞれの環境で与えたれた運命を精一杯、生きていると思うのです。
そこで、ちょっと私たちが手を差し伸べてやれれば、猫たちはもっと暮らしやすく
生きられるのだと思います。

なんだか長くなってしまいましたが、私の住む東京都中央区では
「飼い主のいない猫の避妊去勢手術費の一部を助成する」という制度があります。
区内に生息し、「動物との共生推進員」の方が認めた場合、その助成は受けることが出来ます。

以前から、野良猫を保護した時にお世話になっている病院のHさんという方は
その推進員です。今回も、猫親子がお引越しをしてきたとき、まっさきに電話をしました。
そのHさんは、すぐに行くから!と、その日のうちにうちへ来てくださいました。

そして、今後のことを相談、ともかく、早いうちに母猫さんを避妊手術しよう、ということに
なったのです。

里親探しという方向もあったかもしれません。
でも、色々考えた結果・・・今回は、保護して、里親探しをするという方向は
考えておりません。

とりあえず、現在子猫たちは健康ですし、親猫もよく食べ、必死に子育てをしています。
そりゃ、してやりたいことはいっぱいあるけれど、私が今まで外猫と関わってきて
とーっても悩んだり、苦しんだり、悲しい思いをたーくさんした結果、
今自分に出来ることを精一杯してやろう、という考え方になったのです。

今は、毎日、朝晩、猫たちにゴハンを運んでいます・・・・σ(^_^;)
c0053294_23241182.jpg

明日以降にまた病院で相談し、捕獲大作戦を練ろうと思っています。
ただでさえ、人間が怖い、外猫ちゃんたち・・・さらに恐怖心を与えてしまうのは
忍びないですが・・・。ちょっとガマンしておくれよぅーーー(;o;)

ちなみに、いつもお世話になっている病院は、野良猫・地域猫活動にとても熱心な
先生やスタッフで運営されているので、助成金内で手術費用は収まるようです。
(特に別の病気などの治療をしない場合)
ホッとしました(笑)

・・・・とはいえ、警戒心の強い野良猫ちゃんを捕獲するのは、根気と勇気も必要です。
もし、失敗して恐怖心を与えてしまったら、また信頼関係をとりもどすために
ちょっと時間もかかります。

わざわざ、外の猫を捕まえて、避妊去勢手術するなんて・・・!!と
反対意見もあるかもしれません。でも私は、いろんな現実を見てきました。
その結果、もう都会では野良の子を増やしてはいけない、って思ったのです。

全ての子を救う事など神様だってできやしないのです。ウイルス性の伝染病、事故、虐待。

里親探しをしても、全ての子猫が、幸せな家庭にもらわれていくとも限りません。
すでに里親を待っている子たちも数え切れないくらいたくさんいます。
小さければ小さいほど貰われやすいですが、大きくなったらその子たちはどうなるの?
保護する場所は?その間の費用は??様々な問題を含んでいるのです。


今後、もうちょっと、見守っていてくださいね。可愛い天使のようなこの毛むくじゃらな子らのために・・・。
[PR]
by j-lovin2 | 2006-06-06 23:38 | 近所のニャン

猫ハウスを置きました。

ウチの3ニャンは気に入ってくれてた猫ハウス・・・
果たして、お引越ししてきたニャン親子は気に入ってくれるだろうか・・・。
翌日、早速、裏路地へ置きました。

その日は警戒して、入らなかったのですが、翌朝、親子そろってハウスの中で
寝ていた
と、階下に住む、母が教えてくれました(^^)
(私は4~5階に住んでいるので、窓からのぞいてもあまり様子がわからないのです)

むほほっ!気に入ってくれた~~(^_^)!!! と私は大喜び♪
その日もハウスの周りで猫たちは寝たり遊んだりしていました。
c0053294_22342039.jpg

5兄弟(多分)のひとりです。
ハウスの前で、何やら不思議そうな顔をしています。

この写真は、裏路地に面した、
1階の窓から体を乗り出して撮影しています。

家の脇からグルリと回って、路地まで行くと、
猫たちは警戒して、逃げてしまいます。



c0053294_2237625.jpg

首をかしげています。
か、可愛いよぅぅーーーっ(涙)

とにかく、母猫はものすごく警戒しています。
子猫もそれに習って、警戒心が強く出てきています。



c0053294_22402862.jpg

ハウスを置いた、路地の奥の
曲がり角。
ここから先は人間が入ることはできません。

5兄弟、勢ぞろいです。
熟睡してる子もいれば
私に気付いて、逃げ始めようとする子もいます。


全く人が通らない路地、人間もやっと通れるくらいの幅なので、かなり荒れ放題の場所です。廃材や、石ころ、ゴミなど散乱しています。

↑の写真は、母猫が外出中だったので、写真が撮れました。
暗い場所なので画像が悪いですけれど。。


c0053294_22481160.jpg

母猫が戻ってきました。
(一番上)
ものすごく威嚇して、子猫たちに近づくことを許しません。

ちょっと悪いことを
してしまいました。
ごめんよぅ。。
猫かあさん(T_T)



今日(日曜)は、子猫たちはどこにも見当たりません。
おそらく、母猫が警戒して、子猫を避難させてしまったのだと思います。
ハウスは、空き家のまま・・・・(悲)
もう少し、信頼関係を保つよう努力しなくては・・・。

でも、母猫は、私が仕事から帰ると、路地の脇の入り口で待っており・・・・(^^;)
ゴハンをあげると、とりあえずガツガツと食べ(授乳中はお腹すくのね・・)
そしてひとしきり食べると、ゴハンをくわえて何処かへ持っていきました。
数日前、子猫たちもカリカリを食べていたので、離乳しかけているのです。


必死で生きようとする、この親子を、私は応援したいです。
今後のことについては、また次回書こうと思います。
[PR]
by j-lovin2 | 2006-06-04 23:17 | 近所のニャン

猫ハウスが出来たよーーっ!

うちの裏のお引越ししてきたニャンコ大家族・・・。
雨露しのげる小さな軒下などあるものの、あまり良い環境ではありません。

なので、ネコらのために、おうちを作ってあげましたーーっ!

ふぅ・・・・・・。
深夜、うちの3ニャンに邪魔され(イヤ、見守られ)つつ・・・・。

c0053294_11492340.jpg

ダンボールもってきただけで
かなり大喜び( ̄ー ̄;



c0053294_11504647.jpg

まだ途中ですから、入らないで・・・。


c0053294_11513770.jpg

だ、だから、
くつろがないで・・・(-o-;


そして完成!!!! ちと派手でしたか・・?(笑)
c0053294_11522861.jpg


    中に黒いのが見えますが・・・?


c0053294_11574686.jpg
この子(^^;)





c0053294_1158673.jpg











ごめんね、
あなたたちのじゃないのだけどねー(-_-;)
[PR]
by j-lovin2 | 2006-06-02 12:01 | 近所のニャン

猫が子猫を連れてきたーーっ!!!

ウチには通い猫のシロミちゃん(メス・避妊手術済み)がいます。
毎日だいたい同じ時間に来て、カリカリなどを食べて帰ります。
どうやら、別宅(寝室)は別の場所にあるようでした。

そのシロミちゃんが、数日間姿を見せませんでした。
そして、替りに現れた、キジトラ白の子がいました。
その子は、毎日毎日、足しげく通い、すごく人を警戒しながらも、ガツガツと食べていました。
もしかして、メス猫だろうか・・・避妊手術してないのかなぁ?
もうちょっと様子を見て、地域猫のボランティアさんに相談しよう・・・と思っていた矢先・・・
今朝、ミーミーと大きな声で鳴く「子猫の鳴き声」で目が覚めました。
ん?夢?ま、まさか・・・?と飛び起き、窓を開けて外を見たら・・・・

子猫を連れてきたーーーーーーっ!!!!!

c0053294_18583274.jpg

画像、悪いですが・・・。
ここは、ウチのビルの裏。
人間は普段歩かない、
細い細い路地です。

ビルとビルの合間です。



え?1匹???まさかね・・・?と思っていたらーーーっ!!!

             うじゃうじゃ・・・
c0053294_1905781.jpg


写真だけでは3匹ですが、確認しただけで5匹います。
裏のビルのオフィスのおじさんも、窓からのぞいて見ています。
おじさん曰く、「6匹いたよ」

ろ、6匹ですかぁぁーーーーーっノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

ウチの裏、安全で、ゴハンくれると思って、お引越ししてきたみたい・・・(;o;)(泣き笑い)

これ以上不幸な野良猫を増やさないため、捕獲して、避妊手術して
リリースします。まず、お母さん猫さん。そして、もう少し大きくなったら
子猫らも・・・。でも、6匹となると、た、たいへんだぁーーーっ!
女の子少ないといいな・・・(* ̄∇ ̄*)

早速ボランティアさんに連絡して、相談しました。
今は区の助成金も出るし、とにかく、早めにしないと!

これからちと忙しくなるぞぉぉぉーーーーっ(-。-;)
がんばらなきゃ!!
[PR]
by j-lovin2 | 2006-06-01 19:16 | 近所のニャン