「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

猫はどこに?

↓の記事の外猫ハウス、お外に設置しました。
ご意見を頂いたように、コンテナハウスには、家猫のお古の(^^ゞボアベットを入れてあげて
パン屋さん風ハウス(発砲スチロール)のほうにも、これまた家猫のために買ったが
全然使ってくれず放置状態だったペット用のフワッっとしたお布団も入れてやりました。

最初は警戒して全然入らなかったのですが、ある日の夜、窓からのぞいてみたら
コンテナハウスに入れたボアベットでリラックスして寝ていました(*^^)v
嬉しかったなぁ~~♪

猫たちは、家の裏路地にずっと居るわけではなく、全く姿が見えないときもよくあります。
ゴハンの時間には、必ずやってきますが・・・

これから寒くなり、ビルの谷間には全くお日様も入りません。
昼間でさえ、写真を撮ろうとすると、暗くて良く写らないほど・・・・(-_-;)なので
ハウス設置写真はまたいつか~( ̄_ ̄ i)

ウチの周りはビルばかりです。ほとんどが人の通らない狭い狭い道です。
防犯上、路地と路地の間には門のような扉が付けてあるところが多く、その土地を管理してる
ビルの管理人さんなどに頼まなければ、路地の入り口から中へは人間は入れないように
なっています。

ウチの路地裏から、横ちょへ入ると・・・

c0053294_020112.jpg


こんなカンジの狭い路地が続いています。ビルの形により、路地は入り組んでいる所もあって、もちろん人間が通れないような道もあります。
(ここは人間1人がやっと通れるくらい)




私は猫の姿が見えないとき、たま~に(時間があるとき)この薄暗い路地を歩いて
猫を呼びに行きます。
すると・・・こんな工事現場にたどり着いたりします。
c0053294_0282425.jpg

ウチから数件隣のビルが解体して、更地になっていました。
この写真は夏前に撮ったもの。その頃は、ここで日向ぼっこをしてるときがありました。
広いし、子猫にとっては格好に遊び場です。(コンクリばっかなのが悲しいけどね(;o;))

だけど、この場所も、いよいよ最近新しいビルを建てるために着工しました。
重機の音、出入りする工事関係者・・・
きっともう、この場所には居られないだろうと思います。

車の往来が激しい場所を移動しているのだろうか。
都会の暮らしの猫たちは、危険がいっぱい。
実際、ウチの前の道路で車にひかれてしまった子も過去に何匹か居たのです(T.T)

c0053294_0354256.jpg

親子6ニャンは、皆健康で毎日顔をみせてくれています。

ウチの窓のところまで来て
「おにゃかすいたよ~~」と甘えます。

左耳にキレコミが入っていますね
これは「去勢(避妊)手術済み」という
目印です。
地域猫を手術する場合はたいていこうした目印をします。
地域によって、ピアスだったり、色々みたいです。
だいぶ、オトナっぽくなってきたね~^^



お外の猫は、いろんな知恵を持っていて、暖かいところも探すし、身の危険の無い
安心できて人目につかない場所も知っています。
だけど、やはり、ウチの裏にいないと、何処にいるのかな~~って気になるんですよね(・_・;
成長してきて、これから縄張り範囲が広がると思われます。
それはそれで、自由きままでいいのですが、交通事故だけが心配で仕方ありません。
ウチの前を暴走して走る車がいると、後ろからケリを入れたくなります(^^;)
だってね~、猫が飛び出すかもしれないんですからぁ~。
そんなことドライバーさんにはわからないけどね。
「猫とびだしちゅうい」って看板を付けたいくらい(^^;)
[PR]
by j-lovin2 | 2006-10-19 00:53 | 近所のニャン

冬に向けて~外ネコハウスを作りました。

久々の更新です(^_^)/
ウチの裏路地に越してきた親子計6ニャン、手術後もみんな何の問題もなく
健康で元気に暮らしています。
毎日、ゴハンを食べて、子猫たちもだ~いぶ大きくなってきました。

お外の猫と関わっていると、気になるのが、冬の寒さのこと。
以前、ダンボールで作った猫ハウスは、もう見る影もないほど
ボロボロ・・・・゚゚・(×_×)・゚゚・。
ビニールの梱包材で包んであるとはいえ、雨風にさらされ、おまけにこのハウスで
爪を研いだりしてるので、中のダンボールがむき出しになって、更にボロボロ。。
その後、もう一個、ダンボールハウスを作ったのですが、それもそろそろ使えなくなりそう。

というわけで、冬仕様で、発砲スチロールをベースにして、
新たにハウスを作りました~♪

c0053294_159464.jpg

じゃーーん!!名付けて「街のパン屋さん風ハウス」
店番はホワホワさん(* ̄∇ ̄*)

・・・・・・という割には、こうして写真で見るとショボイ出来ばえか・・・・ガックシ(ーー;)

大きな発砲スチロール(ホームセンターで購入)に以前とおなじ梱包材を巻いて補強。
雨よけには、プラスチックダンボールという、プラなんだけど割と柔らかい素材で
屋根を付けました。

冬は寒いので、入り口は1つです。
外の子は逃げ場がないと怖がるので、入り口1つで入ってくれるか不安なのですが・・・。。。

そしてもうひとつ。地味ですが(^^;
c0053294_1575791.jpg


いわゆる、屋外用のコンテナ(屋外用ストッカーです。1280円なり)の横に、
地道にカッターでキコキコと穴を開け(というか削り・・)入り口を付けたものです。
屋外用のストッカーなので、水は入りませんし、丈夫に出来ています。
c0053294_212650.jpg

こうして蓋が開くので、中のお掃除も出来ます。
底には、防寒のためにブルーのビニールで巻いた発砲スチロールを敷いてあります。
これに着古したセーターかなんかを入れてあげれば寒くないかな~?
ちょっと難点は、入り口の位置が低すぎたこと・・・。(底にひく発砲スチロールの厚みを考えずに切ってしまった・・・(-o-;)
あんまり高すぎても、入りづらいのだけど、低すぎても、地面から来る寒さや
大雨が降ったときに水が入ってしまうのです。
なので、これは、やはりホームセンターで買った98円の軽量ブロックの上に
かまして置いてみようと思っています。

c0053294_2342100.jpg


屋外コンテナハウスの雨よけを色々考えたのですが・・・・どうも良い考えが浮かばず・・・
とりあえず、これまたホームセンターで買った1枚50円の木の板(ハンパもの)を
斜めに立てかけて、雨よけにしようと思っています。

外猫はあんまり囲いすぎると、警戒して入ってくれないし、かといってオープン過ぎても
風が吹き込んで寒かろう・・・(ーー;)色々と考えてしまうのです~。

パン屋さん風ハウス、コンテナハウス共に、改良点が見つかったらまた考えたいと
思います。みなさん、ご意見あったら教えてくださいねっ。(ってココ見てるヒト少なすぎる
んですけどねっ・・・(^^;))

ハウスを作るまでの裏話。
[PR]
by j-lovin2 | 2006-10-13 02:39 | 近所のニャン