「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どなたか存じ上げませんが・・・

今日、仕事が終わって帰ってきて、自転車を止めると、裏路地からチビたちが
ツッタカターーッ!と走ってきた。
ゴハン~、ゴハン~~ってせがむ。

ハイハイ、ちょいと待っててねー。今日は実は残り物の「マグロとタイのお刺身」が
あるんだよ~!人間が食べても美味しい上物だよ~~♪
チーちゃんだけは何故か生魚を好みませんが、他の子たちは目の色を変えて喜びます。

先日、ホームセンターで、これ以上持てません・・・というくらいの量を
腕が筋肉痛になるほど重い思いをして、大量に買ってきた、その店で一番安い缶づめを
缶切りで開ける。(安い猫缶は、パカッって開けられず、缶切り仕様です)
それでも、裏の子たちは、大喜びで食べてくれる。あんまり安いのばっかじゃ可哀想な
気もして、たまにちょいと良いパカッと開くタイプの缶づめを混ぜたりもしている。
あとはカリカリですけど。。。

でも今日はお刺身があるので、最安値な猫缶にマグロ刺しのトッピングで豪華ディナー(笑)
裏路地に持っていって、しばらくして、また路地へ様子を見に行くと、
なんだか反対側の工事現場の入り口の所で、トラジロが何かをムシャムシャと食べていた。

ん???何食べてんの??何かあるの???

無造作に、キャットフード(ウェット)がポンと置いてあった。ヘンなものではなかった。ホッ・・。
誰かが置いていったのかなぁ。。。

そして、家側へ戻り、裏路地の入り口の所へ戻ってみると・・・・・

c0053294_1141067.jpg


パカッって開くタイプな缶づめが、4個置いてあったぁ~~~(T.T)
(ケイタイ画像なためブレブレです)

ホンの一瞬の時間の出来事です。どなたかが差し入れしてくださったのです、きっと。
いつもこの道を通っていて、猫がいるのを知ってる方なのかなぁ。
なんだか、嬉しかった。たとえ、缶づめ一個だとしてもね、いや、数とか、フードの質では
ないんです。そんなの、私が働けばなんとかなります。
ただ、路地裏で頑張ってるこの子たちが、夜になると、表通りにちょっと顔を出したりして
それを見てる方がいて、暖かい目で見ててくれたってことが・・・・(T.T)
そんな「気持ち」が嬉しいのです。

みんなぁ~~!美味しい「パカッって開くタイプな缶づめ」だよ~~(笑)
明日の朝ごはんには、コレを混ぜてあげますヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆

どこのどなたかわかりませんが、どうもありがとうございます。
ココを見てるわけはないとは思うけれど・・・(^^ゞ
[PR]
by j-lovin2 | 2007-02-20 01:29 | 近所のニャン

猫がワラワラと来る夢。

大きなお魚の入ってた発砲スチロールがあったので
裏路地にポン、と置いておいたら、このコたち、気に入ってよく此処でお座りしています^^

c0053294_14301369.jpg

爪とぎにもなり、
椅子にもなる・・・(^^ゞ

きっとすぐにボロボロ。

奥のアイちゃん、ニコリとしてます(笑)
手前のは、チーちゃんとトラジロです。



c0053294_14304570.jpg

体はずいぶんデッカクなったけれど
まだまだこの子たち、
1歳にもなってない子供です。

遊びたくってしょうがないお年頃。

カメラを出すと、カメラのストラップに
じゃれつきます。




c0053294_14311075.jpg





アイちゃん、瞳もキレイだね^^
風邪ひいてたのもすっかり良くなって
ホント、みんな健康です。



おととい、昨日と、続けて、猫の夢をみました。

1つめの夢。

ちいさなちいさなまだへその緒もとれてないような真っ白な子猫が
雨のなか、水溜りでクテンとしてる夢。。
その子を助けなきゃ!どうしよう!!というところで終わってしまいました。
夢が覚めても、ヒジョーに気になる・・・・σ(^_^;)

2つめの夢。

ウチの裏路地に、この子たちの他に、猫がたっくさん・・・そうですねぇ数えて
10匹以上はいたでしょうか(汗)ワラワラと居る夢です。

その中に、黒い子猫がいます。
小さなキジトラの子猫もいます。
首輪が半分取れかけた、捨て猫(逃げ猫?)のお母さんもいます。

猫たちは、窓を伝って、ウチの上のほうの階までよじ登ってきて、家の中へ入ろうとします。
でも、上の階には「リュウタロ」を含め('-'*)飼い猫が待っています。
ど、どどうしよ・・・・・・(焦る)
そんな夢です。

わたし・・・家の窓からワラワラとたっくさんの猫が入ってくる夢はよく見るんですσ(^_^;)

なんでそんな夢を見るんでしょ(長文)
[PR]
by j-lovin2 | 2007-02-09 14:28 | 近所のニャン